飼い犬はポメラニアン

犬はちゃんと言葉がわかる

犬は言葉がわかります。
合図と言った方が正確かもしれませんが、
確かに複数の言葉を理解しているようです。
コミュニケーションがとれるのが犬を飼う楽しさ。
犬はちゃんと言葉がわかるのです。




犬だって言葉がわかる。

ポメラニアンのといいますか、犬の賢さを感じるのは、やはり人間とのコミュニケーション能力だと思います。

犬は集団で行動するため、お互いの意思疎通の必要があるのでしょうが
飼い主の言葉を必死に理解しようとしてくれます。

言葉という手段は人の手段だと思うのですが、犬には犬の阿吽の呼吸といいましょうか、群れで動くための合図みたいなものがあったのではないでしょうか。

犬は人の言葉を一種の合図として捉えているように感じます。

例えば携帯電話を持つことは出かける合図で、そういう因果関係とか相関関係はすごく理解しているようです。

我が家のポメラニアンが理解していると思われる言葉は、思いつくだけでもざっとこれくらいあります。

 ・○○(自分の名前)
 ・おいで
 ・お散歩
 ・ご飯
 ・水
 ・取ってこい
 ・おやつ
 ・まて
 ・お座り
 ・伏せ
 ・シャンプー
 ・おやすみ
 ・つけ(散歩中ついて足下について歩け)
 ・おしっこ
 ・ちょうだい
 ・バイバイ
 ・だめ
 ・よし(承認・許可)
 ・よしよし(褒める)
 ・○○ちゃん(飼い主の家族名)

▲話しかけると集中して理解しようとしているようです。


他にも理解している言葉はあるのかもしれませんが、明らかに正しく理解していると思うのは上のような言葉です。

散歩に行く時は「お散歩」、ご飯のときは「ごはん」と話しかけるようにしているのですが、そうすると嫌でも覚えてしまうと思われます。

「お散歩」と声をかけると喜んでくれる様子は、やはり言葉が通じたように感じられます。

そんなちょっとしたことが飼い主には嬉しいものです。

トップ ポメラニンとはこんな犬
ポメラニアンの特徴
犬の好物ベスト3 うちの場合
犬は散歩が大好き
犬が苦手なこと〜うちの場合
犬は遊びが大好き
犬の弱点〜うちの場合
犬は利口??
犬だって言葉がわかる
ポメラニアンは飼いやすい
犬のしつけ〜うちの場合
犬のおしゃれ
犬の股関節形成不全〜うちの場合
ポメラニアンの病気〜うちの場合
ペット保険
犬の写真
リンク


【PR】
世界3位の犬のしつけ「自宅でできる!犬のしつけの法則」

(C) 飼い犬はポメラニアン All Rights Reserved 写真画像・文章の無断転載はお断りしています。