飼い犬はポメラニアン

ポメラニアンは飼いやすい

ポメラニアンなどの超小型犬は飼いやすいのが特徴です。
主に体が小さいので飼うにも手がかからないのです。
ポメラニアンはとても飼いやすい犬なのです。



ポメラニアンは飼いやすい

どんな犬種の犬を飼おうか迷っているならポメラニアンをお奨めします!

超小型犬であるポメラニアンは、犬を飼いなれていない方、
初めて犬を飼う方、マンションの室内で飼おうと思っている方などに、特にお奨めの犬種です。

犬を飼ってみて思ったのは、意外に経済的負担があることと居住スペースをとられてしまうということでした。

たかが3キロ程度の小さな犬ですが、まず家(専用ケージ)が必要です。それにトイレ(スペース)や犬用のフェンス、クッション、おもちゃ、食料、お菓子、持ち運び用のケースやバッグ、衣料品、薬、ブラシやシャンプーなどなど。

小さなマンションでは、それなりに置き場所がいるなあと思ったものです。

これが大きな犬であれば、ストレートに肉体の大きさに比例して負担も増えるだろうと思います。

例えば小型犬の豆柴でも、ポメラニアンの数倍は大きいものです。スペースも経済的負担も数倍??かと想像しています。

ましてや、ゴールデンレトリーバーなどの大型犬となればどんなだか…。

小さい犬ということには、いろいろなメリットがあるのです。


○食べる量が少ない。
うちではドッグフードを一日40グラム程度食べています。1カ月で1.2キロですから、3キロの袋でも買ってくれば十分なので、普段の買い物で購入すれば負担はありません。

大型犬だと10キロを超える袋を複数必要になることもあります。お父さんが台車に乗せて買ってきてくれるということができればいいのですが。

○出す量も少ない。
当然排泄量も少なくなります。一回のウンチは大人の親指くらいの大きさでしょうか。

ニオイも少なくてすみます。大きな犬のずっしりしたウンチで、やわらかめだったりすると処理も大変だなあ、と思わずにはいられません。

○カット代、ホテル代、治療費(入院費)、薬代などが小さくてすむ。人の場合は店によって価格が違っても大きさによって価格が違うということはないものですが、犬には大きさによって、倍以上違ってくるのがこれらの負担です。

一度内科の薬を処方してもらったときに、液体の飲み薬をもらいました。1瓶5千円ほどの薬で、5日(回)に分けて飲むことですみましたが、ゴールデンレトリーバーくらいの大型犬の場合は、一回に1瓶飲む必要があると聞きました。5日分なので、5本が必要となり25000円。

大型犬には大型犬の魅力があり、経済的な負担の大小だけで、飼う犬種を判断することはないと思いますが、飼ってみて「大変だ!」と後悔などすることがないようにして欲しいと思います。

ましてや飼ってみて大変だから手放す、などのことだけは、ないように、事前にその負担について知っておいてほしいと思っているのです。

犬好きな庶民を代表して一言添えさせていただく次第です。

トップ ポメラニンとはこんな犬
ポメラニアンの特徴
犬の好物ベスト3 うちの場合
犬は散歩が大好き
犬が苦手なこと〜うちの場合
犬は遊びが大好き
犬の弱点〜うちの場合
犬は利口??
犬だって言葉がわかる
ポメラニアンは飼いやすい
犬のしつけ〜うちの場合
犬のおしゃれ
犬の股関節形成不全〜うちの場合
ポメラニアンの病気〜うちの場合
ペット保険
犬の写真
リンク


【PR】
世界3位の犬のしつけ「自宅でできる!犬のしつけの法則」

(C) 飼い犬はポメラニアン All Rights Reserved 写真画像・文章の無断転載はお断りしています。