飼い犬はポメラニアン

犬のしつけ〜うちの場合

犬に教えるのはしつけと芸があるそうです。
人間と一緒に暮らすためのマナーがしつけ。
犬のしつけができないと、快適に共存できない
だけでなく、安全に暮らすことも難しいのです。




犬のしつけ〜うちの場合

犬を飼う前に教えていただいたことがあります。それが芸としつけの違い。

「お手」は芸で「お座り」はしつけなのだそうです。

犬を部屋飼いする場合は、特にしつけができていないと苦労もするし、飼っていること自体が楽しいものではなくなるから、始めにきちんとしつけをしなさいということでした。

最初に「お手」を教えるという勘違いをする方があるそうです。

「お手」はお客さんが来たときにでも余興で見せるものですが、一緒に生活する場合は全く何の役にも立たない芸なのだそうです。

それよりも、しつけ(=マナー)が大切。

特に「お座り」「待て」とトイレのしつけ、が上手く出来ることが大事とのこと。

例えば、人や車の多い道路などで、じっとしていなければ危険な場所もあります。

そのとき「お座り」と「待て」で安全な場所にとどまっていられることは重要です。


またトイレのしつけができていないと、そのたびに掃除が必要となり、苦労がふえ、犬にあたってしまうことにもなりかねず、犬を可愛いとばかりは思えなくなってしまうということでした。

確かに犬も一緒に生活する場合は、マナーが大切だと、飼ってみて思い知ることになりました。

(何だか子供の教育にも当てはまるような気がしてきました)

年をとって介護が必要になれば、トイレの後始末なども仕方がないのでしょうが若くて健康なうちは、必要以上に手がかからないに越したことはありません。

安全に飼うこと、安心して飼うこと、一緒に楽しく暮らせること。そのためにきちんとしつけをしなさいと教えていただいたものです。

トップ ポメラニンとはこんな犬
ポメラニアンの特徴
犬の好物ベスト3 うちの場合
犬は散歩が大好き
犬が苦手なこと〜うちの場合
犬は遊びが大好き
犬の弱点〜うちの場合
犬は利口??
犬だって言葉がわかる
ポメラニアンは飼いやすい
犬のしつけ〜うちの場合
犬のおしゃれ
犬の股関節形成不全〜うちの場合
ポメラニアンの病気〜うちの場合
ペット保険
犬の写真
リンク


【PR】
世界3位の犬のしつけ「自宅でできる!犬のしつけの法則」

(C) 飼い犬はポメラニアン All Rights Reserved 写真画像・文章の無断転載はお断りしています。